アミノ酸スコアの高いプロテインを選ぶことが美につながる

人間のカラダを作るうえで欠かせない5大栄養素の中でも
皮膚、筋肉、骨、内臓、血液、更に脳や脳内神経伝達物質など
カラダのほとんどを形成している成分が「たんぱく質」です。

私たちのカラダに必要不可欠な「たんぱく質」の働きと
たんぱく質の合成に必要なアミノ酸スコアの高い食品とは何か?など
詳しく説明していきますね!

「たんぱく質→アミノ酸→たんぱく質」の合成サイクル

たんぱく質はそのままカラダに吸収されるわけではなく、1度「アミノ酸」という小さな分子に分解してから、再度たんぱく質に合成されます。
たんぱく質を合成するのに必要なアミノ酸は全部で20種類あり
そのうちの9種類は体内で作り出すことができないので
食べ物から摂らなくてはなりません。

体外からの摂取が必要な9種類の「必須アミノ酸」と
体内で作ることができる「非必須アミノ酸」をバランスよく摂取することが大切です。
更に、ビタミンとミネラルの働きにより、はじめてたんぱく質は合成されます。

アミノ酸バランスが重要

なぜバランスよくアミノ酸を、摂取する必要があるのかというと
20種類のアミノ酸のうち、体内にある1番少ないアミノ酸の量に合わせて
たんぱく質は合成されるからです。

例えると、バケツに水を入れて満杯にしても、穴があいている部分から流れてしまい結局は少ししか水が残らない、といった感じです。

バランスよく合成するためにも、
アミノ酸スコアの高い食品を選ぶように心がけましょう。

アミノ酸スコアとは?

アミノ酸スコアとは、食品に含まれる必須アミノ酸の数値を表したものです。
アミノ酸スコアが高いほど、9種類のアミノ酸をバランスよく含んでいます。

肉と魚はアミノ酸スコア100!

アミノ酸スコアが高い代表的な2大食品の肉と魚。
どちらも合成に必要なビタミン、ミネラルが豊富に含まれていて
合成もスムーズに行われます。脳内の神経伝達物質も、
アミノ酸、ビタミン、ミネラルの合成によって作られるので
肉や魚を積極的に摂ることで、脳の働きも活発になります。

さらに、魚にはDHAやEPAという集中力を高めたり、頭の回転を速くする働きをするn-3系脂肪酸が多く含まれています。
肉や魚を積極的に摂ることは、日々の生活の向上にもつながります。

大豆のアミノ酸スコアも100!

たんぱく質のなかで、唯一の植物性たんぱく質が大豆です。
動物性のアミノ酸には含まれないアミノ酸も豊富で
必須アミノ酸も豊富にふくんでいます。
昔から大豆は「畑のお肉」といわれ、良質なたんぱく質を補える
理想的な食品なのです。

1度に量をたくさん撮れない大豆系の食品は、動物性の食品と一緒に食べることで、よりアミノ酸スコアを上げることができます。
なかでもおすすめは、「納豆卵かけご飯」。
美容食品としても優等生の納豆と栄養価の高い卵の食べ合わせは最高コンビ!
単品で摂るよりも栄養摂取の効果が上がります。

プロテインの活用がおすすめ

時間のないときや、足りないたんぱく質の補給には
手軽にたんぱく質を摂取できるプロテインの活用がおすすめです。
動物性と植物性の種類があり、用途によって選ぶようにしましょう。
アミノ酸の合成に必要なビタミン、ミネラルはもちろん美容効果の高い成分も
同時に摂取できますよ。

ホエイプロテインを飲むと 筋肉が増える⁈のではなく 引き締まったカラダ作りのサポートをしてくれるんです♥ “ホエイプロテイン”とは? 肉...
  “ソイプロテイン”とは?? 豆腐や納豆などの原料である大豆由来のタンパク質をパウダー状にした 植物性のプロテイン=ソイプロテインです。 ...

まとめ

・カラダのほとんどの部分はたんぱく質の働きで形成されている。

・たんぱく質は体内でアミノ酸に分解されて合成される。

・アミノ酸は体内で作ることのできる「非必須アミノ酸」と
体内で作ることのできない「必須アミノ酸」がある。

・「必須アミノ酸」は、食品からの摂取が必要で
アミノ酸スコアの高い食品を選ぶように心がけること。

日本人の食のベースとなる和食は
必須アミノ酸をバランスよく摂ることができます。
食事に肉、魚、卵、大豆を上手にプラスして
老けないカラダ作りを心がけましょう!

関連記事

プロテインの効果を実感するのはどのくらい?

キレイ痩せ!代謝があがる食べ物とは?

美味しくて飲みやすい!女性におすすめのプロテイン

ソライナ・プロテインを実際に飲んでみた感想。ネットでの評判は?

プロテインは女性ホルモンに効く!

運動しない人もプロテインを飲んで美しく♡