その不調は腸が原因かも。腸内細菌を検査してみよう

便秘や肌荒れ、疲れやすい・・・。そんな症状に悩んだことはありませんか?
それは実は、腸内細菌のバランスが乱れているからかも。

意外と知らない自分の腸内細菌バランスを知ることが、気になる体調不良の改善の近道になるかもしれません。

腸内細菌って何?

腸内細菌は大きく3つの種類に分類されます。

「善玉菌」

腸の働きを活性化させ、便秘や下痢を予防したり、病気に対する抵抗力を高めたりしてくれます。代表はビフィズス菌や乳酸菌など。

「悪玉菌」

腸内の腐敗を進め、便秘や下痢を起こしたり、炎症を起こし発がん性物質をつくり出したりします。

「日和見菌」

善玉菌、悪玉菌のどちらにも属していない菌のこと。

これらの菌は腸内で種類ごとにまとまって存在し、お花畑のように見えることから「腸内フローラ」と呼ばれています。

理想のバランスは、善玉菌:悪玉菌:日和見菌=2:1:7
日和見菌は腸内の優勢な菌に見方をする性質があるため、善玉菌の割合を多く保ち、善玉菌が優位な環境をつくってあげることが大切です。

また最近の研究では、菌のバランスだけでなく、その多様性がより重要であることも分かってきているそうです。
お腹に良いといわれるビフィズス菌や乳酸菌を含む製品も、同じものばかりでなく、いろんなものを取り入れるのが腸活にはオススメです。

腸内環境が整うといいことがたくさん!

腸は「第二の脳」と呼ばれる程、実は私たちの身体に大きな影響を与えています。
なので、腸内環境を整えてあげるだけでもたくさんの効果が期待できるんです。

1.便秘解消

善玉菌が優勢になって腸内環境が整うと、便秘解消に。
また、ガス溜まりによるお腹の張りや腹痛の解消にもなります。

2.  美肌効果

善玉菌のひとつであるビフィズス菌は、肌に良いとされるカルシウムやマグネシウムなどののミネラルの吸収を促進し、美肌に繋がります。
逆に、腸内で悪玉菌が増えると有害物質が血液に乗って肌まで運ばれ、肌荒れの原因に。

3. ダイエット

腸内環境が整っていると消化、吸収、排泄がうまくいくので、必要な場所に必要な栄養素がスムーズに届き、代謝UPに!

4. 免疫力アップ

腸の壁の内側には、免疫をつかさどっている免疫細胞が集中しており、体全体の免疫細胞の約60~70%が腸にあると言われています。
腸内細菌のバランスが整っていると腸の免疫が活発化され免疫力もUPします。

5. アレルギーの改善

免疫のバランスが崩れてアレルギー症状が出てしまうのは腸内環境が乱れていることが大きな原因です。
また、乳酸菌やビフィズス菌はアトピーの緩和に有効だとも言われています。

6. イライラや不安の解消

リラックスや幸福感を感じさせるホルモンである「セロトニン」は、その約90%が腸でつくられています。
腸内環境が整うとセロトニンの量が増えて精神状態が安定しやすくなります。

まずは今の自分の腸内環境を知ることから。

腸内環境を整えて快適な毎日を送るためには、まずは今の自分の腸内環境がどのような状態なのか知ってあげることが改善の第一歩に。
とはいえ腸内環境って、自分ではなかなかわかりずらいですよね。

そこでおすすめなのが「腸内細菌検査」
便の状態から分析し、今の腸内環境を詳しく知ることができます。

今回は自宅で手軽にできるキットをご紹介します。

1.Mykinso (マイキンソー)

出典:amazon

Mykinsoの特徴

Mykinsoでは、

・太りやすさ
・腸のタイプ
・菌の多様性
・主要な細菌の割合
・腸内の菌構成
・腸内環境の推移

など、様々な項目で診断してもらえます。
自分の数値と他の方の平均値を比較することも。



2回分をセットで買うとお得!
時間を空けて検査をすることで、腸内細菌バランスの変化を確認することができます。

2.ビフィチェック

出典:amazon

ビフィチェックの特徴

ビフィチェックでは、善玉菌を代表するビフィズス菌と悪玉菌を代表するクロストリジウム属菌の比率を図ることによって腸内フローラの状態を調べます。
腸内環境から今の自分の体質やこれからの食事や生活習慣の対策を知ることができます。



まとめ

いかがでしたか?
私たちの身体を大きく左右する腸内環境。
体調に悩みのある方は、是非一度試してみてくださいね♪

関連記事

プロテイン+ビタミンが正解

体内時計をリセットするカギは食事にあった!リズムを整えて太りにくい身体を作る方法

憧れの美肌は食べ物から♡美肌をつくるおすすめ食材

良質オイル「オメガ3」で体質改善!

腸活とは?美腸を手にいれてハッピーダイエット♡

ヨガをしている女性にもおすすめ!プロテインの種類と効果