副作用はあるの?プロテインが女性に与えるデメリット

プロテインは薬ではないので副作用はありません。
ですが、必要以上に摂りすぎることはカラダにとっておすすめできません。
過剰摂取によるデメリットはどんなものなのか
しっかり把握しておく必要があります。

この記事ではプロテインを過剰に摂ることで起こる
カラダへのリスクをご紹介します。

なりたい自分をイメージして♥ 目的別でプロテインをうまく取り入れよう ホエイプロテインでトレーニング効果を格上げ! 運動やトレーニングを...

「内臓機能の低下」

1日のたんぱく質摂取量は、運動をするしないに関わらず
女性でおおよそ、[体重[kg] ×1]g とされています。
これは生きていくうえで必要な量で、
不足すると美容はもとより健康面でも疲れや不調を招く要因となります。
食事で補いきれない分は、プロテインで手軽に補うのが最適です。
また、最近は筋トレやダイエットブームでプロテインの需要が高まっており、
高たんぱく質のヨーグルトやドリンクも出ていますね。

ここで問題なのは、カラダに良いからと過剰に摂りすぎてしまうこと。

たんぱく質を分解する際に出る老廃物を浄化する働きを腎臓が担っています。
たんぱく質の過剰摂取により腎臓機能に負担がかかり、
大きな病気につながる恐れがあります。

特に内臓機能の弱い方は注意が必要です。

「体重が増える」

食事の量をセーブせず、プロテインやたんぱく質ばかりを摂る生活を続けていると
脂肪が増えて太る可能性があります。
ハードなトレーニングや運動を日常的に行っている方、
過度なストレスがかかっている方は別として、
普通の生活を送っている場合は、既定の量をしっかり守りましょう。

※トレーニング後や過度なストレス時におけるたんぱく質必要量は、
[体重[kg] ×1.5~2.0]g です。

食事でたんぱく質を多く補えた日は、無理にプロテインを摂る必要はありません。

プロテインを飲むうえでやはり気になるのは太るか痩せるかということ。 種類によってそれぞれ効果も異なります。 今回は主な3種類のプロ...

「お腹が緩くなる」

個人差で必ずなるとはいえませんが、
プロテインを飲むとお腹が緩くなる可能性があります。

これは牛乳を飲むとお腹を壊すのと同じ原理です。
乳糖不耐性といわれるミルクに含まれる糖質を上手に分解する「乳糖分解酵素」の活性が低下しているためです。

プロテインを飲んでお腹が緩くなったという方は、
牛乳が主成分のプロテインではなく
大豆が主成分のソイプロテインをチョイスしてみてください。

  “ソイプロテイン”とは?? 豆腐や納豆などの原料である大豆由来のタンパク質をパウダー状にした 植物性のプロテイン=ソイプロテインです。 ...

「アレルギーを発症する恐れがある」

牛乳が主原料のホエイプロテインとカゼインプロテイン。
大豆が主原料のソイプロテイン。
どちらもアレルギーを持っている方は危険です。
アナフィラキシーショックに陥り命の危険もあります。

また、近年は同じ食品ばかりを摂り続けることでおこる
「遅延型フードアレルギー」もあります。
未消化の食品が腸壁に負担をかけておこります。

たんぱく質食品には各々特定の消化酵素が必要なので、
いつも同じ食品ばかりを摂り続けたり、
消化をサポートするビタミンやミネラルの不足、
偏食による野菜や果物が不足することも気をつけましょう。

また、プロテインは牛乳や豆乳をそのまま飲むよりも
消化の良い状態になっている状態が基本ですが、
製品によっては分解技術が荒い場合もあり、
気づかないうちに胃腸に負担をかけてしまって
アレルギーを起こす可能性もあります。

プロテインを飲んで、気分が悪くなったりだるくなったら
一旦飲むのは控えてみましょう。
また、牛乳や豆乳と飲まずに、多めのお水でゆっくり飲むことも
より胃腸に負担をかけずプロテイン補給できるポイントです。

「添加物によるカラダの酸化」

たんぱく質だけで作られていれば問題ありませんが
大半のプロテインにはカラダに害のある添加物が含まれています。
添加物を一切摂らないようにするのは難しいですが
できるだけ添加物の配合されていないものを選びましょう。

プロテインは添加物だらけ?! 日常的に飲んでいる またはこれから購入を考えている そのプロテイン 実は添加物だらけかも… たんぱく量やカロ...

プロテインの過剰摂取で抜け毛が増える?

プロテインを飲むと抜け毛が増えると思っている方も多いですよね。
ですがプロテインで抜け毛が増えることはないので安心してください!

なぜこのような噂が出回っているのかというと、

プロテインとステロイド「筋肉増強剤」と
情報が混同してしまっているからだと思います。

たんぱく質=プロテインは肌や髪の毛などを作るうえで欠かせない栄養素です。健康的な髪の毛を保つサポートをしてくれます。

ただし育毛剤の効果はありません。

まとめ

何事も過剰摂取はカラダへの大きな負担につながります。
プロテインを適量飲む分には、特にデメリットはありません。

ご自分のカラダの健康のためにも
正しい知識と安心して飲める製品を選ぶようにしてくださいね。


【監修】豊原悠里

管理栄養士/予防医学指導士
大手化粧品会社にてインナービューティーのカウンセリング、トレーナーを経て、精神科クリニックで管理栄養士・代替医療カウンセラーに従事。発達の問題やメンタルケアを中心に予防医学、栄養療法のコラムやセミナー、執筆サポートをてがける。

関連記事

アミノ酸スコアの高いプロテインを選ぶことが美につながる

美味しくて飲みやすい!女性におすすめのプロテイン

タンパクオトメを飲んでみた感想。ネットでの評判は?

キレイ痩せ!代謝があがる食べ物とは?

カラダに影響ある?プロテインのメリット・デメリット

プロテインは女性ホルモンに効く!