ビタミンCで美肌ケア!食べ物からビタミンCチャージ

美肌ビタミンとしておなじみのビタミンCは
美白やニキビケア、疲労回復など、様々な効果があります。

エイジングケアにも効果があり
与えるだけでなくしっかり内側にビタミンCを摂りこむ必要があります。
この記事では、ビタミンCをたっぷり含んだ食べ物とは何か?
詳しくご紹介します!

ビタミンCとは?

「ビタミンC」は強い抗酸化作用があり、活性酸素を除去
老化を引き起こすとされる過酸化脂質の生成を抑えコラーゲンの合成
促進する働きがあります。

ビタミンCは、シミのもとになる「メラニン色素」の生成をおさえるか働きがあるので美肌を保つ効果があります。

さらに腸からの「鉄の吸収」をよくする働きもあるので
貧血予防にも効果があります。

また、ストレスを受けることでビタミンCは大量に消費されしまいます。
それに加え「水溶性ビタミン」なので、体内で合成されず蓄積できないため
失われないよう毎日たっぷり補うことが大切です。

ビタミンCを多く含む食べ物

「パプリカ」

ピーマン類はビタミンCを多く含む食品ですが
そのなかでも「パプリカ」は、約2倍のビタミンCが含まれていて
野菜の中でもトップクラス!
その含有量は230㎎で、「1日の推奨量100㎎」を
パプリカ半分で補うことができます。

パプリカに含まれるビタミンCは熱に強く壊れにくいので
加熱調理がおすすめです。
βカロテンの吸収力もアップしてエイジングケアにも効果があります。

「ブロッコリー」

栄養価が高く、ダイエットフードでもおなじみの「ブロッコリー」ですが
ビタミンCを豊富で、レモンのおよそ2倍キャベツの3倍の量を含んでいます!

ブロッコリーのビタミンCは房よりも茎に多く含まれているので
捨てずに食べるようにしましょう。

またブロッコリーのビタミンCは水に溶けやすいので
電子レンジでの加熱調理がおすすめです。

「ゴーヤ」

沖縄料理によく使われている「ゴーヤ」は、ビタミンCが豊富です。
ゴーヤ1本に含まれるビタミンCはおよそ145㎎で1日の推奨量をしっかり補えます。他にも疲労回復、夏バテ防止、美肌に効果があります。

「柿」

柿は100㎎におよそ70㎎のビタミンCを含んでいて
1個食べることで、ビタミンCがチャージできます。

干し柿になるとビタミンCが2㎎にまで落ちてしまうので
そのまま食べるのがおすすめです。

「キウイフルーツ」

ビタミンCの含有量はイチゴより多く、ビタミンEも豊富なので
美肌やエイジングケアに効果があります。
特にゴールデンキウイ(黄肉腫)にビタミンCが多く含まれています。

「オレンジ」

オレンジのなかでも、「ネーブルオレンジ」にビタミンCが多く含まれています。
100mgでおよそ78mgのビタミンCが補えます。
柑橘系は、紫外線を吸収しやすく日焼けの原因になり美肌を損ねる恐れがあるので朝ではなく、夕方や夜に食べるようにしましょう。

ビタミンCを効率よく摂るためのポイント

他の栄養素と同時摂取

ビタミンCは、ほかのビタミンやミネラルと一緒に補うことで
健康効果や美肌効果がアップします!

例えば、
ビタミンC×コラーゲン=美肌効果
ビタミンC×葉酸・ビタミンB₁₂=貧血予防
ビタミンC×カルシウム=骨密度上昇
など、マルチな働きをします。

こちらの記事もおすすめ!
プロテイン+ビタミンが正解

こまめに補う

ビタミンCは、体内に吸収されやすいビタミンですが
1度にたくさん摂取しても、余った分は体外に排出されてしまいます。
そのため1回の量を多くするよりもこまめに補うほうが体内への吸収力が高まります。特に満腹時に吸収率が上がるので、毎食後に摂るのがおすすめです。

ストレスを溜め込まない

ストレスなどにより、カラダの酸化が進むと
酸化を食い止めるために、ビタミンCが大量に消費されてしまいます。
ビタミンCが失われ酸化状態のカラダは老化を早めシミ・しわの原因にもなるので、できるだけストレスを溜め込まないよう心がけましょう。

こちらの記事もおすすめ!
脳で痩せられる!マインドフルネスダイエット

まとめ

季節の変わり目や年齢とともに感じる揺らぎ肌も、ビタミンCがサポートしてくれるので、野菜や果物から、積極的にビタミンCをチャージしましょう。

ビタミンCのインナーケアで、自信のもてる美肌をゲットしてくださいね♡

関連記事

ヨガをしている女性にもおすすめ!プロテインの種類と効果

その不調は腸が原因かも。腸内細菌を検査してみよう

冷え性を直すと痩せる?カラダの不調も整うおすすめの改善方法をご紹介!

ダイエットにも効く?難消化デキストリンの効果について調べてみた

美白を育てるおすすめの食べ物とは?

腸活とは?美腸を手にいれてハッピーダイエット♡